(有)西田電装サービスのホームページ

ETC

ELECTRONIC TOLL COLLECTION SYSTEM

お問合せ  おまけ 基本原理 取付関係 ぼやき
セットアップ概要(取り付け)
Q&A
割引情報
DSRC車載器について
<ETC> <有料道路自動料金収受システム>
Q&A

Q1
・ETCとは。ETCの仕組みは。どうすれば使えるのか。負担する費用は。

A1
・ETCとは"Electronic Toll Collection System"の略称で無線を使って自動的に料金の支払いを行うシステムです。これにより、スムーズで快適な料金所通過が可能となります。
・ETCの仕組み→ETCカードを車載器に挿入した車が料金所のETC車線を通過すると、料金所のアンテナと車載器との間で無線により有料道路の料金支払いに必要な情報が交信され、係員の手を介することなく自動的に料金の支払いが行われる仕組みです。
・ETCをご利用になるためにはETCカードと車載器が必要です。ETCカードは、クレジットカード会社等から発行されます。車載器はカーディーラー、カー用品店、自動車整備工場等で販売されます。なお、取付け、セットアップ(車両情報の登録)が別途必要となります。
・通常、車載器の購入・取付費用、セットアップ費用の他ETCカード発行に伴う会費が必要になります。

Q2
・セキュリティはどのようになっているか。

A2
・決済はETCカードと呼ばれるICカードを使って行われます。このICカードは磁気カードに比べ、はるかに高い安全性を確保しています。 ・また車載器や料金所システムでも高度な暗号化を行い、充分なセキュリティを確保しています。

Q3
・プライバシーは守られるか。車検証は何に使うのか。

A3
・ETCカードには利用者情報が、車載器には利用車の車両情報が、それぞれ別々に暗号化して入力されるため、情報が外部に漏れることはありませんので、プライバシーは保護されます。
・車検証は、セットアップ申込書にセットアップに必要な車両情報を記入して頂く際に必要です。

Q4
・レンタカーや他人の車でも使えるのか。

A4
・A3のようにETCカードと車載器はそれぞれ独立しており、ETCカードはどの車の車載器にも使用可能です。利用料金はETCカードのクレジット契約口座から引き落としとなります。

Q5
・ETCを導入する背景は。

A5
・日本道路公団によると、有料道路の渋滞を発生場所別に見ると料金所での発生が30%で第1位となっており、特に大都市周辺では早急な 対策が必要です。
・ 料金所渋滞を緩和、解消するためには大規模な拡張工事よりも既存の車線の処理台数を増やすことが効果的です。ETCは停車することなく料金所を通過でき、現行方式の約2〜4倍の処理能力があります。
・その他、お客様の利便性向上、道路管理費の節減、料金所周辺の大気汚染や騒音などの軽減等の効果が期待されます。

Q6
・ETCは、いつから使えるのか。

A6
・平成13年11月30日、北海道から沖縄まで、全国の主要な料金所でETC利用が可能となりましたが、 平成14年4月現在のETC利用可能料金所数は、日本道路公団543、首都高速道路公団73、阪神高速道路公団65、合計681となりました。

Q7
・携帯電話やテレビ等、他の電波機器との影響はないのか。

A7
・ETCに使用される電波は5.8GHzの高周波数帯で専用のものですので問題ありません。

Q8
・海外での導入事例はどうか。

A8
・ 海外では主に均一料金を収受する料金所を中心にETCが実用化されており、現在30カ国以上でサービスが行われています。しかし、これらの国では隣接する国ごと、事業者ごとに規格が異なるなど、スムーズな道路走行ができないという問題があり、規格の統一化、共通利用の確保が課題となっています。

Q9
・二輪車はETCを利用できるのか。

A9
・高速道路の通行が可能な二輪自動車に対しては技術、運用面で解決せねばならない課題があり、現在検討をすすめております。

Q10
・ETCの今後の整備計画は。

A10
・A6のとおり、平成14年4月現在全国の主要な681の料金所で無線通信によるノンストップ通行が可能になりましたが、 平成14年度末までには、全国の高速道路と主要な有料道路の約900の料金所で、無線通信によるノンストップ通行が可能になる計画です。

Q11
・車載器を付けた車に対してETCレーンにうまく誘導してくれるのか

A11
・車線案内表示板や標識等により、ETC車線を表示していますので、ご確認ください。

Q12
・ETC専用レーンではどの程度のスピードが出せるのか。

A12
・ETC専用レーンを設置している料金所は現状の料金所と構造は大きく変わりません。よって幅がそれほど広くないため充分な安全速度に減速していただくことになります。 また開閉バーの開閉動作や前車の急停車等にご注意ください。

Q13
・ETCを使って有料道路に入り、ETCレーンが設置されていない料金所で出る場合はどのように通過するのか。

A13
出口で料金所係員のいる料金所ブースで停車し,ETCカードを渡し、ICカードリーダーを通して決済します。現金を支払うことなく通過できます。

Q14
・入口でETCレーンがなく、通行券をもらって有料道路に入り、出口でETCレーンが設置されている場合はどのように通過するのか。(Q13の逆の場合)

A14
・出口で料金所係員のいる料金所ブースで停車し、通行券と一緒にETCカードを渡し、ICカードリーダーを通して決済 します。この場合も現金を支払うことなく通過できます。

Q15
・車載器が故障の時や、ETCカードを忘れた場合はどうなるか。

A15
・ETCカードが挿入されていないとETCを利用できないので一般車線を通らなければなりません。 
・車載器が故障の場合は開閉バーが上がらず、車載器か路側表示器に通信不良等のエラーメッセージが出ます。その時は料金所係員の指示に従ってください。

Q16
・ETC利用者に対する通行料金の割引はないのか。

A16
・ 平成13年11月30日から、一般のETC利用者に対して、期間限定特別割引が開始されました。 受付は現在終了しました。
・また、日本道路公団など3公団では、期間限定特別割引に引き続き、前納方式による割引が進められております
・なお、日本道路公団と本州四国連絡橋公団の別納ETCカードについても、首都高速道路公団と阪神高速道路公団の期間限定特別割引を申し込むことができます。(通常の別納割引と期間限定特別割引の二重割引は受けられません。)

Q17
・領収書は受け取れるのか。

A17
・ETC専用レーンでは受け取れません。ノンストップによる支払い方式のため領収書はその場では発行されないためです。 ・明細は後日、クレジットカード会社より送付されます。
・通行時、その場で証明が必要な場合は、ETC混在レーン等、ICカードリーダーを設置しているレーンで一旦停止のうえ、ETCカードを料金所係員に渡して下さい。係員はICカードリーダーに読み取らせ通常の利用証明書を発行します。

Q18
・身体障害者に対する取り扱いはどうなるのか。

A18
・クレジットカードのETCカードをお持ちの方は、今までと同様、料金をお支払いの際に身障者手帳の提示と割引証の提出が必要です。従ってETC混在レーン等ICカードリーダーを設置しているレーンで、身障者手帳、割引証及びETCカードを料金所係員に渡してください。なお、入口と出口のある有料道路では入口でのノンストップ通行が可能です。
・なお、別納カードのETCカードでは、障害者割引は適用されません。

料金割引に関して
http://www.nexco.ne.jp/faq/handicapped.php
車載器購入支援に関して(2005年11月30日まで)
http://www.j-sapa.or.jp/news/etc/index.html

Q19
・入口と出口でETCカードが違ってもいいのか。

A19
・有料道路の入口と出口は同一のETCカードで通過しなければなりませんのでご注意ください。

Q20
・料金所でETCが正常に機能しなかった場合、利用者はどうすればよいのか。

A20
・ETCが料金所で正常に機能しない原因とは、ETCカードの挿入が適切でなかったような人為的なもののほか、ETCカード、車載器、セットアップ又は料金所設備のいずれかに原因のあることも考えられますので、料金所係員の指示に従って下さい。

Q21
・車を買い換えた場合や、車載器を他人に譲渡した場合はどうなるのか。

A21
・いずれの場合も、他の車両に付け替える場合には、車載器に格納される車両情報の変更となるので再セットアップ(有料)が必要となります。

Q22
・ETCカードとはどんなカードか。

A22
・ETCシステムを利用するためのICカードです。ETCカードには、クレジットカード会社が発行するETCカードと、日本道路公団、本州四国連絡橋公団が発行するETC別納カードがあります。ETCカードには料金決済に必要な情報が格納され、暗号化されており、安全で迅速な情報交換ができます。
・クレジットカード会社が発行するETCカードについては、下記の12社のクレジットカード会社にお問い合わせください。

(株)ジェーシービー、三井住友カード(株)、(株)ディーシーカード、シティコープダイナースクラブジャパン(株)、(株)UFJカード、ユーシーカード(株)、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc、日本信販(株)、 イオンクレジット サービス(株)、(株)クレディセゾン、(株)ダイエーオーエムシー、トヨタファイナンス(株)

Q23
・請求はどのようになるのか。使った覚えのないETC請求明細が来た場合は。

A23
・クレジットカード会社が発行したETCカードのご利用については、通常のクレジットと同様、請求明細が利用者に送られ、決まった日に指定口座から引き落としされます。
・心当たりのない明細内容に対してはクレジットカード会社に利用実績等をお問い合わせください。(別納利用について は、当該利用の請求を行った公団にお問い合わせください。)

Q24
・ETCカードはクレジットカードとしても使えるのか。

A24
・ETC専用とクレジットカード併用のものがあります。各クレジットカード会社へお問い合わせください。

Q25
・ETCカードの申し込み方法、時期、制限等は。

A25
・クレジットカード会社が発行するETCカードを利用する場合は別途発行手続きに伴う、審査、条件が必要になります。詳しくは各クレジットカード会社(11社)へお問い合わせください。
・本人以外の家族カードの設定等については各クレジットカード会社(11社)へお問い合わせください。

Q26
・実際に使う前に動作確認等はできるのか。

A26
・取付店にて正しく取り付けられ、正常にセットアップされていれば、ETCカード挿入時に自動的に機能確認をします。

Q27
・実際の使用現場ではどのような表示やメッセージを出すのか。

A27
・正常に通信を終えた場合はその旨をドライバーに伝えます。
・なんらかの事情で通信が行われなかった場合、エラーメッセージ等を表示します

Q28
・車にはどのように取り付けられるのか。

A28
・正常に通信できるよう車載器(アンテナ分離型の場合はアンテナ部分)はダッシュボード上にしっかり固定していただ きます。なお取付けは調整を必要としますので個人では行わず、専門の取付店にて行ってください。

Q29
・24V車や外車には取付できるのか。

A29
・可能です。

Q30
・熱線反射フロントガラスとは。

A30
・ガラスの中に金属成分や非金属成分を添加又はコーティングすることにより、赤外線の透過性を低減し断熱効果を高めるために使用されています。

Q31
・熱線反射フロントガラス車両への車載器への取付は。

A31
・熱線反射フロントガラスのように電波を透過させにくいガラスを装着した車両にETC車載器を取り付けた場合、正常な通信が行えない場合があります。詳細については、当店又は各車載器メーカーにお問合せください。

Q32
・車載器は海外で使えるのか。

A32
・使えません。

Q33
・セットアップとは。手続きは。

A33
・ETCを利用するために必要な車両情報等を車載器に登録し、車載器を利用可能にする作業のことです。セットアップ が必要な場合は以下のとおりです。
@車載器を新規に購入した場合、
A車を買い換えるなど他の車へ付け替えた場合、
Bナンバープレートを変更した場合、
C車をけん引可能な構造に改造した場合
・セットアップ店でセットアップ申込書に車検証を見ながら必要事項を記入の上セットアップ店の係員にお渡し下さい。この申込書に基づきORSEが車両情報等を暗号化し、セットアップ店がこの情報を車載器に格納します。

Q34
・今後、多目的サービス車載器が発売されるのか。

A34
・数年後にはETC機能を含めた多目的サービス車載器が発売されることが想定されますが、これらのことにより、現在販売されているETC車載器が、ETCとして使えなくなることやその機能に影響することは全くありませんので安心してご利用ください。
・なお、平成13年4月の電波法施行規則等の一部改正にともない、DSRC(狭域通信:Dedicated Short Range Communications)を使ったサービスがETC以外にも可能になりました。
・また、上記の改正によりDSRCを利用した多目的サービスの提供が可能となり、従来より行ってきた多目的サービスの検討がより推進されるものと期待されます。

Q35
・今ETC車載器を購入することは損ではないか。

A35
・ETCのサービスは、平成13年11月30日から全国の高速道路などでご利用になれるほか、割引額が各公団1万円になるまで、1回の通行料金の20%が割引となる「期間限定特別割引」が受けられます。(A10、A16参照)
・また、利用される方がETCのメリットを受けやすいように専用レーン化を進めています。これらのサービスを活用していただくためにも、ぜひ早期の利用をおすすめします。

Q36
・料金所はどう変わるのか。

A36
・現状のゲート構造を活かしながら、車載器との通信用アンテナ、車両検知器、開閉バー、路側表示器等が設置されます。
・ つまり有料道路料金所の大規模な拡張工事等なしにETC導入ができるのが大きなメリットです。
・また、ETCレーンは現行方式の2〜4倍の処理能力があるので、料金所を新設する場合にも、用地や工事費が節約できます。

 

 

このバナーはリンクフリーです

http://nishida-denso.com/

2019年10月01日